パリオリジナルプランの実際
ヨーロッパに行きたいと思っているなら、
2020年はパリに行ってみませんか? 2020年7月15日更新
パリの一週間


日本〜ヨーロッパまで12時間のフライト。簡単に言うとスキーの夜行バス状態。
機内にスリッパ、アイマスク、本、耳栓など持ち込むと良いと思います。
また乾燥して意外に寒いので、カーディガンなど持ちこむか毛布をもらって眠る事。
(特に冷え性の女性は要注意です)

パリの空港から市内行きへのバスに乗り、
終点のポルトマイヨで下車。
(2020年5月時点で18ユーロ…約\2,500-)


終点から少し歩いて、小さいホテルに宿泊。
(もちろんせめて最初の晩は日本から予約)


直行便の場合、日本出発と同じ日の夕方到着。
肉体、精神的な疲れからすぐ寝てしまうと、
夜中に腹が急に減ったりするので、クッキーなどを持っていくのもいいですね。

流砂エージェンシーの
オリジナルプランを利用した
意欲満々なあなたは、
翌朝早起きして凱旋門と日の出を楽しむ。
朝食後はメトロ=地下鉄にのってバス乗り場へ行き、
日本人ガイド付きの観光バスに乗って
市内やベルサイユへ行くというのはどうでしょうか?
ちょうど、東京の外国人用「はとバスツアー」の逆ですね。
半日ほどツアーバスで市内観光をしてみて、
街の様子をつかんでからの行動も悪くありません。

勿論上記ツアーは日本で申し込み出来ます。


地下鉄にあわてて乗ってはいけません。
ガイドブックでカルネ(回数券)の買い方、
路線図、乗り換えの仕方をあらかじめ研究しましょう。

昼は軽食で良いとして夕食はどうしましょうか?
豪華で安心して満腹を楽しみたい方へ
外からはどう見てもフランス料理屋なんだけど
日本語メニューがあるレストランへ行ってみるのも一興
上記の写真のレストランへ行きたい方は地図をクリック!
拡大図が別ウィンドウに出ます。
予算について
予算(5泊7日) 2020年 9/273発2名様1室として
(出発時期によって運賃は変動します)
大韓航空 名古屋〜パリ往復
空港〜市内往復バス代
ホテル代(2人1室朝食付きとして1人)
市内観光(半日)
ベルサイユ(1日)
夕食

    \109000(ただし空港税、燃油サーチャージなどは別)
    \2,500x2
    \8,000x5
    \6,000
    \9,500
    \5,000x4
    ――――――――――
    \189,500-


ツアーはお2人からだから困るなどと言われる方、
このオリジナルツアーは1人からでも可です。
部屋代がプラスアルファーになるだけであとは同じ。
何せ、自分で工夫する旅なのですから。

<ちょっと不安だなあと思ってらっしゃる方へ>
パリ到着後に現地在住親切な日本人ガイドに
迎えにきてくれるプランも組めます。
市内の他のホテルもチェックされたい方は
こちら


TOPへ戻る